初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

アコースティックギター教室

【Larrivee】アコギのピックガードを自作…できるかな

2016年1月7日

ピックガードの自作に挑戦してみました。

 

Larriveeにピックガードを

金山駅前教室(名古屋市中区)のレッスンで使っている Larrivee C-10【Flying Eagle】は、アコースティックギターなのにピックガードがない…というか、中古で購入したときには剥がしてあったんです。

90年代以前のラリヴィーはもともと透明のピックガードが標準。だからそれほど気にしてなかったけど、ボディーを叩く奏法をすると傷が付きそうだし、レッスンはピックでストロークすることも多いからピックガードは必要だ。

といってもメーカーの純正パーツは売ってないし、デザインが独特で既成品も無いので、透明なシートを入手してピックガードを自作することにしました。

larrivee_c10_flying1

生徒さんのギターならリペアショップにお任せするけど、自分のギターなので自作をチャレンジしました!そんなに器用じゃないんだけどなぁ…やや不安。

 

ピックガードの製作開始

まずはサウンドホールの径を計測。SKYSONIC(スカイソニック)のPRO1という最新型のピックアップが装着してあるけど特に問題なし。

larrivee_c10_flying2

サウンドホール部分はカッターで丸く切り取るという無謀な作業は、ガタガタに切れて失敗すること間違いなし。不器用だから無理しちゃいけません。

便利な道具を見つけたので文具店までひとっ走りしてきました。コンパスカッターを使えばサウンドホールの径に沿って丸く切り取れます。

pickguard3

pickguard1

おお、さすが文明の利器、上手に切れました。

でも角が尖っている。このままだと剥がれやすいからコーナーカッターで丸くカット!

2穴パンチと同じ要領でレバーを押さえると、角が丸くカットされます。下の画像で確認できますよ。何だか文房具が充実してきたけど、これからも使い道あるのかなぁ?

そんなにたくさんはピックガードを作ることもないだろうし…。まあいいか。

pickguard2

当ててみたらサイズも良い感じだったので、裏面が粘着シールを剥がして貼ってみました。

pickguard4

違和感なしだ!画像では見えやすいように反射させたけど、実際はきれいな透明です。

う~ん、これだけの事に2時間もかかってしまった…やっぱり不器用?

 

-アコースティックギター教室

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.