初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

アコースティックギター教室

アコギのためのピックアップ&エフェクター講座【導入編】第2回目

2016年1月24日

日曜日の夕方に、アコギのためのピックアップ&エフェクター講座【導入編】第2回目を開催しました。

金山駅前教室(名古屋市中区)のレッスン室は、1対1の個人レッスンには十分な広さだけど、今日は講義形式のグループレッスンなので寿司詰め状態。皆さんの関心の高さがうかがえます。

 

まずは僕のデモ演奏

最初は僕がLarrivee C-10(with SKYSONIC PRO1)を使って、フィンガースタイルの曲をデモ演奏しました。

  • City Of Tokyo(岡崎倫典)  【レギュラーチューニング】
  • Bayside Resort(岡崎倫典)  【D G D G B D】
  • Shadowy Key(中川イサト) 【C G E♭ G B♭ D 】
  • HARD RAIN(押尾コータロー)【G G D G G D】

オープンチューニングも使って低音が順番に低くなっていくよう選曲し、タッピングやボディーヒットなどの奏法も使用したので、ピックアップの性能がよく分かったみたい。(SKYSONICの詳細についてはこちらで)

また、【コーラス】【ディレイ】【リバーブ】などのエフェクターを切り替えながら、その効果を聴き比べてもらいました。

今回は、最近買ったアンプFISHMAN Loudbox Miniが大活躍。しっかりとした音で鳴ってくれるから、弾いていても気持ちいい。ただ、内蔵のコーラスとリバーブを試してみたら、オマケ程度の性能しかなくて音の粗さが気になります。やはり単体のエフェクターと聴き比べるとその性能差は歴然!

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

FISHMAN LOUDBOX MINI
価格:39800円(税込、送料無料) (2016/9/11時点)

 

 

同じ腕前で弾いても、使う機材やその使い方によって出る【音】の感動度合いが違ってくる。ギター本体にしても機材にしても普段聴いている音が、自分の音楽を作っているので、より良い音楽を演奏するために【良い音】というものをレッスンや講座で伝えていきたい。

以前、一眼レフカメラのCMに趣味なら、本気で。というキャッチフレーズがあったけど、結構好きです。

Canon EOS60D

 

ギターの弾き比べ・聴き比べ大会

続いては、生徒さんたちが持ち込んでくれたギターを含め、弾き比べ・聴き比べ大会。

女子がしっかりとタッピング奏法していますね。右手の位置に注目!

2016.01.PU

集まったアコースティックギターは、

  • Gibson J-180 【Skysonic T-903】
  • Larrivee C-10 【Skysonic PRO1】
  • Taylor 314ce 【ES1】
  • YAMAHA LS-16ARE 【Skysonic T-903】
  • K.Yairi YF-O 【Fishman Infinity】
    ※カッコ内は、装着してあるピックアップ

 

ES1Fishmanは高音が強調されたピエゾピックアップの音。アコギの高音弦の音は細いので、太くプリッとした音になるのはメリットでもあります。まさにエレアコサウンド!という感じで聞き馴染みがあり、弾き語りやバンドに合う音です。

フィンガースタイルの演奏には、やはりSKYSONICが有利。マグネットピックアップはかなり低い音が拾えるし、コンデンサーマイクでボディーを叩く音もしっかりと拾うので、押尾コータローのような演奏にはピッタリです。

生徒さんたちがギターを持ち寄ってくれたので、ギター本体やピックアップの違いをよく聴き比べられました。『どのピックアップが良いか』ということではなく、演奏する音楽や好みに合わせて使い分けると良いと思います。

 

YAMAHA サイレントギターを弾き比べ

また、アズール・ギター教室の生徒さんで所有率の高いYAMAHA サイレントギターの持ち込みが3本ありました。

yamahaslg200

  • SLG200S(スチール弦仕様)
  • SLG110S(スチール弦仕様)
  • SLG110N(ナイロン弦仕様)

ヘッドホンを使用すれば自分にしか音が聴こえないから、『夜に練習したい』という場合に有効です。秋に発売になったばかりの新型、SLG200Sは操作系や見た目のカッコ良さなどが進歩していました。
※詳しくはこちらの記事をご覧ください。

もう一つの利点は、アンプにつなげばエレアコになるということ。分解してコンパクトに運べるのも良いですね。

 

アズール・ギター教室の生徒さんには、

ギター、ピックアップやエフェクターなどの機材について使い方、取り付け、調整などお手伝いします。

また、新規購入を予定されている方にはアドバイスしますので、その場合は必ず購入前にご相談ください。

みんなでギターを楽しみましょう!

-アコースティックギター教室

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.