初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

エレキギター教室

エレキギターのフレットを磨いてみた

投稿日:2015年2月16日 更新日:

所有しているギターの中で、なぜかエレキギターだけフレットがくすんだ色になる。週に何度もレッスンで弾いているから、ケースに入れっぱなしという訳でもないのに…。

アコースティックギターやクラシックギターのフレットも若干はくすんでくるけど、ここまでじゃない。

frets4

 

う~ん、茶色くなっていますねぇ。チョーキングの時に弦がスムーズに持ち上がらないし、見た目もカッコ悪い。良い演奏のためにも何とかしなくては…。

そこで用意したのが銀みがきクロスという金属磨き用の布。指輪などの銀製品を磨くものらしい。

frets1

 

それから、フレット磨き用の金属プレート。指板まで一緒に磨いて傷だらけにしないように保護します。

frets2

こんなふうに使います。フレット幅の広い用狭い用の2枚入り。

本当は弦を全部はずして磨きたいけれど、フロイドローズ(詳しくはこちら)の設定が面倒なので6弦だけ外し、4弦と5弦は緩めるだけにして低音側だけを磨いてみました。

frets3

おお、左半分だけピカーッとフレットに輝きが出て、光が反射してます。凄い効果だ!

 

frets5

高音側もすべて磨いて弦も交換。クロスが真っ黒に。

ピッカピカのフレットだと演奏していてもスムーズで弦の引っかかりがなく、気持ちよ~くチョーキングできる!

ギターの腕を磨くのはとても大切なことですが、フレットを磨くなどのメンテナンスもギターが上達する上ではとても大切ですよ。

 

KOYO ポリマール 銀磨きクロス 195mm×125mm 2枚入

今回使ったのはこれ。大きさや厚みがあるので、フレットをしっかり磨けます。

同じメーカーの銀磨きクロスで、2種類のパッケージがあるから違いを調べたら…SPは2つ折りにしてパッケージを小さくしただけだって。中身は同じものです。

 

-エレキギター教室

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.