初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

アコースティックギター教室

【Larrivee】1992年製のC-10を入手

2013年12月29日

今年はすでにLarriveeのOM-10を2本(1993年製と1995年製)を入手したけど、年の瀬についに本命のC-10を入手することができました!

待望のLarrivee C10

もちろん今回もこだわりの旧ラベル、1992年製のカナダ製作です。2001年以降のアメリカ製とは雰囲気が全く違います。1年かけてようやく出会えました。

1992 LArrivee C-10 Flying Ergle

アコギでは珍しいモザイクのロゼッタ。ジャン・ラリヴィー氏がクラシックギター製作からスタートしたからでしょう。

ラリヴィーの代表的なボディー形状のCモデルはフローレンタイン・カッタウェイという尖ったタイプのカッタウェイです。

Larrivee C-10 1992

最近では珍しくなった尖ったカッタウェイは、僕のお気に入りのデザインなんです。表面板は経年変化で良い色に焼けていますね。

ヘッドのインレイは代表的なFlying Eagle

Larrivee C-10 1992_2

奥様のウェンディ-さんが手がけているインレイは種類が豊富でどれも魅力的です。僕の持っているLarriveeのインレイは3本とも鳥のモチーフですが、すべてデザインが違います。フィンガーボードのインレイは、年代によってデザインが違う。

Larrivee C-10 1992_3

これは1980年代~92年くらいのデザイン。

入手したばかりだけど20年以上前に製作された年代物なので、信頼するリペアマンにオーバーホールを依頼しました。楽器の持つ性能を最大限に引き出してくれる優秀なリペアマンが近くにいてくれるからこそ入手したけれど、そうでなければ怖くて手が出せません。

ナットやサドルが低くなっているので新しいものに交換したり、フレットのすり合わせなど、入手した後のメンテナンスで5万円ほどかかったけど、とても弾き易くなりました!

 

-アコースティックギター教室

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.