052-683-6277

【 受付時間 】11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

クラシックギター教室

【弦レビュー】サバレス クリエーションカンティーガ プレミアム

2019年11月19日

先月、3年間愛用しているイタリア製クラシックギターの使用弦がようやく確定したけど、また違う弦を張ってしまいました。

ホントは前回と同じ弦を張る予定だったんだけど…。

 

頂き物の弦

今回は自分で購入したものではなく、生徒さんから頂いたんです。

その生徒さんは数ヶ月前、クラシックギターを購入したときに、楽器店の方から勧められた数種類の弦を購入したんだとか。

でも、『柔らかい弦が好みだけど、調べたらこの弦は張りが強そうなので使わないから』ということで頂きました。

しっかり試させて頂きます!ありがとうございました。

 

サバレス社のクリエーション カンティーガ・プレミアム

正式名称はSAVAREZ 510MRP Normal tension CREATION Cantiga PREMIUMという長~い名前のフランス製の弦です。

サバレス CREATION Cantiga PREMIUM

個包装のデザインが3種類あるけど、僕がバラ弦を組み合わせた訳ではなく、メーカーがセットして発売しているものです。

 

セット内容(数字は弦番号)

サバレス社のクラシックギター弦には数種類のシリーズがあって、このセットはやや複雑な組み合わせなんです。

    1. ニュークリスタル(ナイロン弦)
    2. ニュークリスタル(ナイロン弦)
    3. アリアンス(フロロカーボン弦)
    4. カンティーガ・プレミアム
    5. カンティーガ・プレミアム
    6. カンティーガ・プレミアム

クラシックギターは3弦の音がボヤけやすいから、3弦だけハッキリとした音が出るフロロカーボン弦にするのは理にかなっていますね。

 

低音弦(4~6弦)

サバレス社「カンティーガ・プレミアム」のノーマルテンション

Savarez(サバレス)の最新低音弦「カンティーガ・プレミアム」は重厚感や輝きのある音で、耐久性もあるからお気に入りの低音弦です。

 

3弦

アリアンスというフロロカーボン弦で、透明だけどやや白っぽくて張りがあります。

弦をとらえやすく、ハッキリとした音が出て弾き心地も良いです。

 

1弦と2弦

ニュークリスタルというナイロン弦で、透明でビニールっぽくてツルツルだ。久しぶりに使いました。

弦を交換した時に弾いてみたら音が小さく聞こえ、フロロカーボン弦に慣れているせいか、いつもの感じで弾くと音量のバランスが取り辛い(泣)

でも、自分が音を聴きながら弾く力を指ごとに調整しているのが分かったのは収穫だった。

だんだん弾いていくと、ナイロン弦の柔らかな音色の良さが分かってきました。

 

まとめ

日本を代表するギタリスト福田進一は【ニュークリスタル カンティーガプレミアム】を使っているみたい。

皆さんもいろいろと試してお気に入り弦を見つけてくださいね。

blank
2020年版【弦レビュー】おすすめのクラシックギター弦

生徒さんから『おすすめのクラシックギター弦を教えて欲しい』とよく質問されるけど、答えるのは意外 ...

続きを見る

 

-クラシックギター教室

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2020 All Rights Reserved.