初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

ギター&便利グッズ

おすすめチューナーを更新

投稿日:2017年12月31日 更新日:

オススメのチューナーを変更したので、【おすすめ】クリップ型チューナーという記事を改訂しました。

生徒さんたちから『チューナーはどれを選んだらいいですか?』という質問をよくいただきます。本当は各自で良い物を見つけられればいいんだけど…。

名古屋には大手量販楽器店があるけど、チューナーは試用できないし次々と新しい製品が出るから、良さそうな製品を見つけると実際に購入してレビューしています。人柱体質デス…。

 

PETERSON Strobo Clip クリップ式ストロボチューナー

Peterson(ピーターソン)のストロボチューナーの精度は0.1セント(半音の1/1000)と、普通のチューナーの10倍も精度が高いんです。実際にこれで合わせるとコードの響きも心地いいので、一度使うともう普通のチューナー(精度1セント)には戻れません!

そんな訳で気に入って使っていたけど先日、クリップ部分が割れてしまいました。本体はちゃんと動作するけど、クリップの修理に4,000円くらいかかるようなので残念ながら買い替えることにしました。

ピーターソンのチューナーが壊れた

スナイパーに仕留められた訳ではないけどね。さて、何に買い替えようか。

Petersonとともに使っていたのは、左のKORG SH-PRO Sledgehammer Pro。これもナカナカ優秀です。

ギターチューナー各種

画像右のKORG AW-2はデフレ仕様な残念モデルで、樹脂が悪くてすでにクリップが割れてしまいました。

『いくつチューナーを持ってるんだ』って突っ込まれそう。現在、自分用で使っているのは、
PETERSON Strobo Clip 1個(もともと2個持ってたけど…)
KORG SH-PRO Sledgehammer Pro 2個
KORG AW-1 1個
この他、教室には生徒さん用チューナーもたくさんあるけど省きますね。

ネットで商品情報やレビューを調べていると、カタログの受け売り記事だったり、実際に使っていないのに分かったように書いている記事が多いことに気づきます。

やはり自分で購入して継続的に使わないと分からないことってたくさんある(いつもの言い訳!)。

このブログの商品レビューは、実際に購入して使用したものがほとんどです。

 

KORG  ギター専用 クリップ式チューナー AW-LT100G

ちょうどKORGから6月に新しいチューナーが発売されていたので入手してみました。

KORG  AW-LT100G

クリップ部分は今までと同じで扱いやすい。カラー液晶は鮮やかで視認性が高く、画面の流れるような動作も滑らかだ。

 

KORGの比較レビュー

左が今までのKORG SH-PRO Sledgehammer Pro

これもストロボモードがあって、チューニングは快適だ。青色のネオンのようなディスプレイはカッコいいし。

唯一の不満は、向きによっては画像のように反射光で白い線が入りディスプレイが見にくくなってしまうこと。

ギターチューナーを比較

その点、新型のKORG AW-LT100Gの画面は見やすいです。

さらに画期的な改良は、電池が単4電池になったこと。今までのボタン型電池に比べて入手しやすいし、長持ちするから嬉しい。電池切れはチューナーを使う上で一番の心配事だからね!

重量の増加を心配したけど、使用上特に問題なし。

コルグのチューナーが進化

もうひとつ改良されたのが、側面にあるシャトルスイッチ。【丸】から【三角】になりました。

電源が【ボタン】になっているチューナーがほとんどだけど、シャトルスイッチは『キュッ』と軽く回すだけで操作できるから本当に便利です。

今まで【丸】でも気にしてなかったけど、スイッチが三角形になったことで指の引っ掛かりが良くなり、より軽い力で操作できるようになりました。

 

まとめ

KORGはどんどん新型を投入してきて、良い製品を提供してくれるのは嬉しい。でも次々と試さなくてはいけない(いけないことはないと思うケド…)ので大変だ。

実際に3ヶ月ほどレッスンで使用したけど、なかなか快適なのでオススメです。

 

余談

僕のことを、いつも新しいものを追い続けているように思っていませんか?確かにそうだけど…。

でもずっと愛用しているチューナーもあるんですよ!

それは、KORGが初めて発売したAW-1というクリップチューナー。もう10年くらい使っています。

KORG AW-1は便利

10年数年前は、ギターにチューナーをクリップで取り付けられるというだけで画期的なことだった。

メーカーも力が入っていたのか、収納ケースが付いていたし、クリップはギター用と管楽器用の2種類が付いていました。

管楽器用のクリップを使うと、クラシックギターに目立たず取り付けられるので、いまでも愛用しているんです。代わりになるものが、いまだに見つかりません…。

 

まとめ

このAW-1の後はデフレの影響で、安いけどイマイチなチューナーが多く登場したのは残念なことでした。

ようやく2年くらい前にKORGからSH-PRO Sledgehammer Proが出て、チューナー選びが再び楽しくなりました!

物には適正な値段、つまり価値がある。安いものは結果として物の価値をこわすことになる。

『大人の流儀』より 伊集院 静

皆さんも使いやすくて、精度の良いチューナーを入手してくださいね。

-ギター&便利グッズ

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.