初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

個人的なこと

大阪ギター探索記2015.07~ヴィンテージ・マーティン編

投稿日:2015年7月31日 更新日:

名古屋駅で朝から新幹線を待っています。ギター教室は休講日。

nagoya-eki2015.07

ヴィンテージ・マーティン欲しい病(?)が再発中だけど、名古屋にはヴィンテージギターを豊富に扱う楽器店がないんです。

ネットで探していたら、大阪に状態が良くて好みに合いそうなものをようやく見けたけど、『弾かずに買う』なんてリスキーな事は出来ないので試奏に出かけることにしました。

2015_0saka_1

さすが大阪の中心地。名古屋とは違って駅が大きいので道がサッパリ分からない。

楽器店までは【梅田駅から徒歩3分】のはずが、30分もかかってしまった…方向音痴じゃないのに。店員さんにそのことを話したら、さすが関西人。笑顔で『この店の場所、分かりにくいから~』とのギャグ。はい、分かりやすい場所にありますよ。明るい店員さんで良かった。

さて、お目当てのギターを試奏。事前に連絡しておいたので準備しておいて頂けました。30分ほど弾かせてもらったけど、僕のイメージしていたものとは違っていたので購入には至らず…残念。

osaka.15.07_2

お目当てのギターは弾き終わってしまったので、お店にあるたくさんのギターの中から、古いMartinをイメージして作ったという日本人製作家の新作アコギを試奏させていただきました。

『もしマーティン社が、1934年にD-45を製作したら』という仮想に基づき設計・製作されたもの。実在しないモデルなのでレプリカではありません。

ああ、音色にツヤがあり、指で弾いてもしっかりと音量が出る。「!」と来るギターとの出会いは一瞬にして分かってしまうんです…。

osaka.15.07_4

う~ん、自分でもこの笑顔が怖い。結局2時間ほど弾いて、連れて帰ることになってしまいましたとさ。

 

今回はヴァイオリン奏者の石田先生にヴィンテージ・マーティンに関する情報を親切に教えていただき、非常にお世話になりました。また、状態の良い1907年製のMartin 0-42を何度も弾かせていただいたので、弾き心地や音などのイメージ作りができてたいへん参考になりました。本当にお世話になりっぱなしです。

-個人的なこと

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.