090-9662-3393

【 受付時間 】11:00 ~ 21:00[ 土日も対応 ]

ギター&便利グッズ情報

【2024年版】ギターのケア用品でキレイを保つ!お掃除・お手入れグッズ

2024年1月6日

生徒さんから『ギターを弾き終わった後にキレイに拭きたいけど、どんなケア用品を使ったらいいですか?』とよく質問されるので、僕が使用しているものをご紹介します。

ギターのケア

僕がギター弾き終わった後のケアは、クロスセーム皮で乾拭きするだけだ。

でも、指紋や手の脂が拭き取り切れないときや弦交換のタイミングで、以下のポリッシュやオイルを使ってキレイに掃除しています。

ギターポリッシュ

Ken Smith(ケンスミス)Pro Formula Polish

一流のビルダーや多くのリペアマンに愛用されているポリッシュ。行きつけのリペアショップでも使っているから、きっと定番なんだろう。

ギターをポリッシュで磨く

これで磨くと汗や指紋などの汚れがスッキリと落ちて、ボディーやネックがピカピカになります。磨いてからしばらくは、ギターを弾くときツルツルと滑ってしまうくらい効果的!

「天然素材を使用している」とのことだけど、海外の柔軟剤のような甘い匂いがします。

HOWARD(ハワード) オレンジオイル

指板は塗装してないから、よく見ると手垢や汗などの汚れがこびり付いていて気になる。そんなときは、オレンジオイルをクロスに染み込ませて磨いて、後で乾拭きをします。

ギター用オレンジオイル

元々は木製家具のお手入れ用として作られてるから、ギターに使っても安心だ。甘い柑橘系の香りが心地いいし。

ただ、塗りすぎるとベトベトになるから注意しましょう。

メイプル指板は塗装してあるから、オイルは使わないでください。

クリーニング クロスなど

HAKUBA トレシーニューソフトM

東レが開発した驚異のクリーニングクロス「トレシー」は、2ミクロンの超極細繊維で汚れをしっかりと取ってくれます。

これはHAKUBAというカメラ用品メーカーの製品だけど、Mサイズ(32×32cm)はギターを拭くのに適度なサイズで、厚みがあって扱いやすいです。

カメラのレンズに使用できる品質なので、柔らかくてホコリが出にくいからギター用クロスよりも安心して使えます。

セーム革

セーム革は鹿革を油でなめした天然皮革で、滑らかで傷が付きにくいから楽器、カメラ、宝飾品などを拭くのに広く使われています。

この効果はスマホやタブレットの画面を拭くと一目瞭然で、サッと指紋が拭き取れて驚きます。普通の楽器用クロスだと脂が伸びてキレイに拭き取れないからね。

汚れをクロスで拭き取った後にセーム皮で仕上げるのがおすすめです。

セーム皮には、ポリッシュやオイルを付けないでください。

サイズはS/M/L/LLの4種類あります。僕はギター用にMサイズ(約35cm×39cm)を使用しています。

まとめ

汚れがひどくなってからの大掃除より、こまめなお手入れが大切です。いつもギターはキレイな状態して快適に弾いてくださいね!

ギターグッズの紹介ページ

関連記事
ギター教室のギター
【2024年版】ギターや関連グッズ情報【まとめページ】

ギターや関連グッズについて、実際にギター教室の代表が試したものをご紹介していま…

続きを見る