初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

アコースティックギター教室

MORRIS(モーリス) SS-101Ⅲ

投稿日:2012年5月12日 更新日:

名古屋の楽器店巡りをして『フィンガースタイルのソロギター向きの、弾きやすくて音の良いギター』という条件で探索してきました。

ギターは同じ品番でも個体差が大きいので、慎重に選ばなくては。

フィンガー向きのギターのラインナップが充実しているMORRIS(モーリス)のSシリーズを中心に何本も試奏。モーリスのSS-101Ⅲの中に良いものが見つかりました。

120512_4

モーリスは長野県にある老舗のギターメーカー。フォークやニューミュージックの全盛期には『アリス』の谷村新司堀内孝雄が使用したことで有名だけど、近年はフィンガースタイル向きのギターに力を入れていて、南澤大輔中川イサトなど多くのギタリストが愛用しています。

ヘッドに入った、鳥のインレイが魅力的!

120512_1

Sシリーズの特徴はナット幅(画像の右下、白い部分)は44.0mmあること。通常のアコギよりも幅が1~1.5mmくらい拡いので、弦を押さえた左指が他の弦に接触しにくくなる。ほんの少しの違いでも弾き易さに差が出るんです。

カッタウェイなので、ハイポジションも弾き易い!

120512_3

ボディ周りは嬉しいことにウッドバインディング。多くのギターが白いセルだけど、木で作ってあるのは嬉しい。

12フレットとサウンドホール周りに、貝のインレイ(装飾)が入ってます。

120512_2

新しいギターで気分もモチベーションもアップ!

-アコースティックギター教室

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.