052-683-6277

【 受付時間 】11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

アコースティックギター教室

アコギの『キュッ』という音について

2016年3月8日

山崎まさよしスガシカオが好きな生徒さんから、『曲を聴いていると、ギターから出るキュッという音が気になるんです』と言われました。

 

どんな音か聴いてみましょう!

AKB48 渡辺麻友×スガシカオ×ケミストリー『愛について』

最初は0:10あたり。注意深く聴くと、その後にもギターからキュッという音が何度も鳴っているのが分かります。

ポジション移動する時に出る、弦と指が擦れる音ですね。

この音をどう思うかは、弾き手によって差があります。僕としては『クラシックギター弾き』『アコギ弾き』の立場で意見が違ってきます。

 

クラシックギター弾きとしては

楽譜には書かれていないキュッという音は雑音としてとらえるので、出さないように弾きます。もちろん、表現として必要なら出しますが。

 

アコースティックギター弾きとしては

この『キュッという音』がギターの魅力になります。

アコギ好きの中には、『この音がアコギらしくて好きだ』という方もいるくらいなので、スパイス的なものと考えて入れ過ぎないように気を配りながら弾くと良いですね。

 

レッスンでは

レッスンでは通常、キュッという音をコントロールできるように教えています。要するに『出てしまう』のではなく『出そうと思えば出せるし、出さないで弾くこともできる』ようにするんです。

 

まとめ

この質問をされた生徒さんはピアノも弾ける方なので、この『キュッという音』を雑音と感じたようです。確かに、ピアノにはない音だからね。

人によって感じ方が違うから、ギターの魅力を伝えながら、それぞれの生徒さんが好みに合う演奏ができるようレッスンしています。

 

-アコースティックギター教室

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2020 All Rights Reserved.