初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

個人的なこと

東京ギター探索記2016.05

2016年5月2日

ギター教室は世間に合わせて連休中。ということで、東京にお住まいのヴァイオリン奏者、石田朋也先生のご自宅にお邪魔してきました。

ギターもお好きなので素晴らしいコレクションをお持ちで、昨年の秋に伺った時よりも充実!数々の貴重なギターを弾かせていただきました。ギターってなぜか増えていくんですよねぇ。

個人宅のことなので詳しくは書けませんが、前回同様、押入れの中で「マトリックスの武器庫」みたいな感じにギターが並んでいましたが…

matrix-1999

「マトリックスの武器庫」がパワーアップしていて、押入れからはみ出てきていました!

|||| マトリックス リローデッド  |||| 

って感じ?

素晴らしい楽器をお借りしながら試奏したり、パガニーニ、さだまさし、かぐや姫などを、ヴァイオリン&ギターやギター&ギターなどで組み合わせを変えながら合奏しました。

【フランス製のクラシックギター】は、弦高などがしっかりと調整がされ、ギターに合う弦も見つけられたとのこと。昨年末に弾かせていただいたときに比べ、音のまとまりが良くなっていて、バランス良く響いていました。

新たに増えた【ドイツ製のクラシックギター】は現代的な太い音。クラシックギターといえども伝統的な音ばかりでなく、時代とともに変わっていく音作りがあるんだと感じました。

アコースティックギターはYAMAHA、Martinのビンテージや限定物、個人作家ものなどを弾かせていただきました。パワフルでそれぞれに個性があるので、『どれも必要!』と思わされます。

たくさんのギターを弾くことで、自分の求めるものがより鮮明になりました…って、ああ、ギター欲しい病が悪化です(笑)

 

新しい取り組みとしては、ポール・サイモンとステファン・グラッペリが演奏した『Hobo's Blues』。

普段と右手のストロークの感じや、コードのフォームも違うジャンゴっぽいスタイルで、弾いていても面白かった。

演奏やらレッスンについてのお話などで、お昼に伺ったのに、帰りは真っ暗。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。長時間のお付き合いをいただき、ありがとうございました。

-個人的なこと

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.