初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

クラシックギター教室

【無料楽譜と動画】パッヘルベルのカノンでギターの練習

2017年9月19日

【バッヘルベルのカノン】は誰もが知るクラシックの名曲で、ギターのレッスンでもよく取り上げています。小学生でも大人でも、知っている曲を弾けるというのは嬉しいようで、課題に出すと皆さんしっかりと練習してきてくれます。

 

カノンについて

さてカノンについてですが、いくつかのパートが同じ旋律を少しずらして奏でる形式のことで、簡単に説明すると『カエルの合唱』の輪唱と似ています。バッヘルベルのカノンの場合、【ヴァイオリン3台】と【チェロ・コントラバス・チェンバロのいずれか1台】の計4パートで構成されています。

たまにレッスンで『バッヘルベルのカノンを、ソロギターで弾きたい』という要望があるので、『ギター1本ではカノンになりませんよ』と説明するとキョトンとされます。『カエルの合唱の輪唱を、ソロギターで弾けないのと同じですよ』と付け加えると伝わりますが。

もちろん、そのことを知った上でソロギターで弾くのは面白いと思いますし、レッスンもしますよ。

 

練習方法の一例

レッスンはマンツーマンなので僕と生徒さんの2人でずらして弾くことがあるけど、それでも音の厚みや広がりを感じてくれるようです。結構楽しい!クラシックギター合奏でも今回の課題にしています。

楽譜はこちらにあります。著作権は切れているので無料で入手・印刷できます。

楽譜(ヴァイオリンの1st)

※【IMSLP】というサイトには、作曲者の死後50年経過したパブリックドメイン(著作権がなくなった状態)の楽譜が124,000曲も収蔵されています。

弾き方ですが、

  • 左手の正しいフォームの習得と、すべての左の4本の指をまんべんなく使うのが目的なので、2ポジションで解放弦は使わず弾いてください。
  • セーハは使わず、同じフレットでの弦移動は指定の指を押さえ変えてください。
  • 弦移動もあるから、右指の練習になります。
  • 聴いた曲の記憶に頼らず、目の前の楽譜を読んで、ゆっくり正確に弾きましょう。
  • 1弦ラより高い音は、1弦をポジション移動してください。

テンポは初回練習までに4分音符で30で弾けるようにしておいてください。分からないところや弾きにくいところがあれば、レッスンでご質問ください。

 

余談

金山駅前教室(名古屋市中区)でレッスンしている小学生の姉妹にも、この曲をレッスン中。僕も含めて3パートをずらして弾けるので、なかなか面白い。

あとは低音パートがあれば…ということで、付き添いで来ているギターの弾けないお母さんを巻き込みました!

低音パートは、6弦をD(レ)に下げるとギターで弾けます。8つの音をゆっくりと繰り返し弾くだけなので、お母さんにレッスンして覚えてもらいました。

これで、親子で一緒に演奏できるようになりますね。

 

ヴァイオリンの演奏

せっかくの機会なので、ヴァイオリンの演奏を聴いてみましょう。

ヴァイオリン奏者の石田朋也先生に許可をいただいたので動画をリンクしました。快諾いただきありがとうございます。

バイオリン1stパートを一人で弾いているので、1度聴いてイメージをつかみ、徐々にメトロノームでテンポを上げていきましょう。

弾けるようになったら、一緒に弾いてみるのも楽しいですよ。思ったより速くて『ヒーッ』ってなりそうなので無理はせず。ヴァイオリニストに対抗しないようにね。

一緒に弾く時は442Hzでチューニングしてください。

【注意】
楽譜をきちんと読むことが大切です。メトロノームも活用しましょう…好きじゃない方、多いけど。

 

みんなギターを楽しみましょう!

-クラシックギター教室

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.