052-683-6277

【 受付時間 】11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

ギター&便利グッズ

おすすめのカポタスト(カポ)

2017年6月7日

生徒さんから『カポって何ですか?』と質問されることが多いです。

楽曲を弾くようになると、楽譜の左上に【何フレットにカポを付けるように】って指示が書いてあるからね。

カポを選ぶ

楽器店に行くと多くの種類のカポが並んでいるから『結局、どれを選んだらいいか分からなかくて、買わずに帰ってきました』という生徒さんがときどきいらっしゃいます。

たしかに、この画像の中ですら、どれを選んだら正解か分からないですよね。

ということで、多くのカポを試している僕のオススメをご紹介します。

たくさんのカポをギターに付けた

この画像のものは、教室の備品の1部。もちろん、こんなにたくさん付ける必要はありませんよ(笑)

 

カポについて

カポの形状

カポには多くの種類があるから、確かにお店に並んでいても違いが分からなくて困るかも。

カポタストを並べた

 

 

まずは、カポを購入するときの注意点

カポは使うギターの種類によって形状が微妙に違うので、必ず用途に合ったものを選んでください。

共用はお勧めできません。なぜかって?見比べてみましょう。

【左】アコースティックギター用 【右】クラシックギター用

blank

【左】のカポは、弦を押さえる部分にカーブが付いています。アコースティックギターやエレキギターは指板(フィンガーボード)にアール(緩やかなカーブ)が付いているので、このような形状になっているんです。

クラシックギターの指板は割と平面なんですよ。

この形状の違いで、用途に合わないものを使用するとビビりが発生することがあるので、ご購入の際はお気を付けください。

 

廉価なものならこれ

アコースティックギター用

購入するときに、『カポってこんなに安いものだったかな?』って驚いた。

このようなクイックチェンジカポは、サッと脱着できるので大変便利です。ただし、バネが硬くて握力が鍛えられそうなものもあるから注意してください。

 

僕のオススメ!

僕が愛用しているのはPlanet Waves(プラネットウェーブス)社のもの。Planet Wavesは弦で有名なダダリオ社の関連会社で、ギター関係のアクセサリーメーカーです。

blank

航空機用アルミを使用していて軽量で耐久性があります。ネジの締め具合で微妙に圧力を調整できるから、押さえ過ぎずにチューニングの狂いが少なくて済むから使いやすい。

カラーバリエーションが豊富なのは嬉しいですね。

NS Capo

 

アコースティックギター・エレキギター用

 

クラシックギター用

 

弾き語りの方にオススメ!アコースティックギター用

クイックチェンジカポは洗濯ばさみのようになっているから、サッと取り付けや取り外しができて便利です。

曲の最後の方で【同じメロディーで半音や1音上がる】ということがあります。そんな時、このカポなら必要なフレット分をズラしたり、サッと取り付けたりして、同じコードの形で弾いていけるので便利です。

バネの圧力を調整できるから適度な押さえ具合で、動作がスムーズなのはさすが。

『いままでの説明が難しくて良く分からない』という方は、これを購入しましょう。使いやすいですよ。

 

まとめ

お気に入りは見つかったでしょうか?

カポは弾き語りなどで頻繁に使う、ギターの必須のアイテムです。壊れることはめったにないので、あまりにも安い物は避け、使いやすくて精度の高いものを使いましょう!

 

関連記事
blank
ギターや関連グッズの情報まとめページ

ギターを初めて購入する方に必要なもの 生徒さんがよくお持ちになるギターや、必要なアクセサリーを ...

続きを見る

-ギター&便利グッズ

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2020 All Rights Reserved.