052-683-6277

【 受付時間 】11:00 ~ 21:00[ 土日も対応 ]

ギター&便利グッズ

【2020年版】おすすめのカポタスト(カポ)

2020年10月19日

ギター教室のレッスンで、カポについて説明する機会が多い。特にアコースティックギターの生徒さんには。

楽曲を弾くようになると、楽譜に【〇フレットにカポを付ける】という指示が書いてあるからね。

カポ選びで悩む

楽器店にカポを買いに行った生徒さんから『たくさん並んでいて、どれを選んだら良いか分からなくて買わずに帰ってきました…』と言われることがありました。

確かに。この画像の中からですら、どれを選んだら良いのか分からないよね。

たくさんのカポをギターに

この画像のものは教室の備品の一部。もちろん、こんなにたくさん付ける事はないけど(笑)

多くのカポを試している僕のオススメを紹介します。

 

カポについて

カポの形状

カポには多くの形状や種類があるから、選べなくて困るかも。

カポタストを並べた

 

カポを購入するときの注意点

使用するカポはギターの種類によって変わるので、必ず合ったものを選んでね。

違いを見比べてみましょう。

【左】クラシックギター用 【右】アコースティックギター用

NSカポ

【左】クラシックギターの指板は割と平面なので、それに合わせて押さえる部分が真っ直ぐです。

【右】のカポは弦を押さえる部分にカーブが付いています。アコースティックギターやエレキギターは指板(フィンガーボード)に緩やかなカーブが付いているからね。

合わないカポを使用すると、弦が浮いてビビり音が発生することがあるから、ご購入の際は気を付けください。

 

廉価なもの

アコースティックギター用

このようなクイックチェンジカポは素早く脱着や移動ができるから便利。ただし、廉価なものは個体差があり、握力が鍛えられそうなくらいバネが硬かったり、ゴムの素材に柔軟性がなかったり。不安な要素が多いです。

『握力が強くて、どうしても安いものが欲しい』という方には良いかも知れないけど、生徒さんにはお勧めしません。

 

弾き語りにオススメ!

アコースティックギター・エレキギター用

クイックチェンジカポは洗濯ばさみのようで、取り付けや取り外しが素早くできて便利。

曲の最後の方で【同じメロディーが半音や1音上がる】ということがあるけど、そんな時に必要なフレット分をズラしたり、ヘッドに挟んでおいたものをサッと取り付けたりして、それまでと同じコードを使って弾いていけるから便利です。

このPlanet Waves(プラネット・ウェーブス)社のものはバネの圧力を調整して適度な押さえ具合にできるし動作がスムーズ。しかもアルミを使用しているから軽量で耐久性があります。

どれを選んだら良いかが分からないという方は、これを入手しましょう!カポは長い期間使えるものだから、少し高いと思っても使いやすくて質の良いものの方が結局はお得ですよ。

 

握る部分がギターの後ろに来るタイプ

片手で簡単に脱着ができます。

【上】握る部分が後ろのタイプ
NS Tri-Action Capo

【下】握る部分が前のタイプ
NS Artist Capo

 

握る部分がギターの前に来るタイプ

ハンドルが指板側にあるから、演奏時に邪魔にならない。
こちらの方が力が入りやすく、楽に脱着できます。

 

ソロギターにオススメ!

僕が愛用しているのは、Planet Waves(プラネット・ウェーブス)社のNSカポ。

blank

航空機用アルミを使用していて軽量で耐久性があります。ネジの締め具合で微妙に圧力を調整できるから、弦を押さえ過ぎずにチューニングの狂いが少なくて使いやすい。

コンパクトな形状なので、頻繁に取り外しをしないソロギターの方に向いています。弾き語りの方でもカポの大きさが気になるというならこれがオススメです。

 

アコースティックギター・エレキギター用

 

クラシックギター用

 

まとめ

お気に入りは見つかったでしょうか?

カポは弾き語りなどで頻繁に使う、ギターの必須のアイテムです。壊れることはめったにないので、あまりにも安い物は避けて、使いやすいものを選びましょう!

 

関連記事
blank
ギターや関連グッズの情報まとめページ

ギターを始めるときに必要なものや、ギター関連の便利なグッズを紹介します。 『どんなものを選べば ...

続きを見る

 

-ギター&便利グッズ

© 2020 アズール・ギター教室のブログ