初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

エレキギター教室 ギター&便利グッズ

【弦レビュー】Elixir コーティング弦 OPTIWEB

投稿日:2018年10月22日 更新日:

エリクサーのコーティング弦はサビにくくて長持ちするから、レッスン用のエレキギターとアコースティックギターに採用しています。

教室のレッスン用ギターは多くの生徒さんが使うから傷みが早いけど、弦を頻繁に張り替えるとチューニングが安定するまで不便をかけてしまうからね。

elixir-strings

弦の表面をコーテイングしてあるからサビにくく、巻線の隙間に汚れが入るのも防ぐから、通常の弦よりも長持ちします。

でも僕はコーティングのヌルっとした感触少しこもった音質に馴染めず、今まで自分のギターに使うことはありませんでした。生徒さんの中には『この弦の音が好き』とか『ツルッとしていて弾きやすい』と言う方もいるので、好みの問題ですね。

 

ヌルっとしない(?)新製品が出た

エリクサーの弦はPOLYWEBNANOWEBの2種類だけだったけど、昨年にOPTIWEBというノンコーティング弦の様な自然な感触のものが発売されたので、さっそく試してみました。 

elixir-strings チャート

エレクトリック OPTIWEBコーティング
エレキ弦 OPTIWEBコーティングは、エリクサー・ストリングスの高音質・長寿命を保ちながら、ノンコーティング弦のようなクリスピーサウンドと自然な弾き心地やグリップ感を提供する、コーティング弦の概念を覆すコーティング弦です。

解説を読むと、なかなか期待できます。

 

クリスピーなサウンド?

クリスピー【crispy】の意味を調べてみたら、ぱりぱりしたさま。さわやかなさま使用例は「クリスピータイプのピッツァ」だって。ナルホド!

 

フロイドローズの弦交換

僕は新品の弦のきらびやかで伸びのある音が好きだから、よく弾くギターは1~2ヶ月で弦を交換しています。サビなくてもだんだんチューニングが合わなくなってくるし。

でも、僕のエレキギターはフロイドローズを搭載しているから弦交換に手間がかかる。だから、少しでも交換頻度を下げたいんです。ということで試しに張ってみました。

Elixir OPTIWEBとエレキギター

 

フロイドローズ トレモロ 搭載ギターの弦交換の仕方

エレキギターはアームを使ったり、チョーキングをしたりするとチューニングが狂いやすい。でも、フロイドローズだと弦がガッチリ固定されているから狂いが少ないのがメリットです。

一度チューニングが安定すると、ほとんど狂わないのは凄い。

『フロイドローズってなに?』とか『交換方法が分からない』という方のために。弦交換の方法を解説した動画をご覧ください。

 

レビュー

張りたて

弦交換したときは『シャキシャキ』っとした音で、『なるほど。これがクリスピーサウンドなんだ!』っていうのが理解できました。『少しシャキシャキし過ぎかな?』って思ったけど、しばらく弾いていると落ち着いた音になってきました。

左手の感触は、滑らかだけどコーティングを感じさせないから、ヌルッとした感触が苦手な僕も気にならない。これは快適だ!

 

2か月後

たくさん弾いたせいか、ピックで弾く部分のコーティングが剥がれてきました。そろそろ交換時期かな?

でも、サビや汚れが全くないのは流石!新品の輝きや音質を保っています。

Elixir OPTIWEBのコーティング剥がれ

サビてなくても、音質や音程がおかしくなってきたら弦交換しましょう。

 

まとめ

いままでは弦交換が面倒で伸ばし伸ばしになっていたけど、このコーティング弦を使えば快適なまま2~3ヶ月は過ごせそうです。

ということで、正式採用することに決定しました!

僕の使用ゲージ

・ストラトタイプには10-46(OPTIWEB Light )
・PRSには09-42(OPTIWEB Super Light)

数字が大きいほど、弦が太くて張りが強くなります。初心者には09-42がお勧め!

09-42
OPTIWEB Super Light

10-46
OPTIWEB Light

 

-エレキギター教室, ギター&便利グッズ

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.