初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

ギター&便利グッズ

ギターを弾くのに大切なピックの話

投稿日:2018年9月2日 更新日:

ギターを弾くときに右手で使うのはピック右指のどちらかですね。

今回は、ときどき生徒さんから質問されるピックについて取り上げてみたいと思います。

 

ギターを弾く右手

ギター初心者や弾かない方には意外に思われるかもしれないけど、ギターを弾くのは左手よりも右手の方が難しいんです。これは指やピック、どちらで弾いても同じです。

 ギターを始めたばかりの生徒さんに『右手が難しいと思えてきたら、ある程度上達した証拠ですよ!』とお話しすると、たいてい不思議そうな顔をされます。

だって演奏するところを見ると、左手の方が忙しそうに動いてるからね。もちろん左手を正確に動かすのも簡単じゃないのは確かだけど、なぜでしょう?

答えは書きませんので、よく考えてみてください。でも、どうしても分からなければレッスンのときにご質問ください。

 

ピックの話

最近はエレキギターを弾くことも増えたので、ピックのことを改めて考えています。

今までは主に『アコースティックギターを弾くためのもの』として考えていたけど、エレキギターを弾くのと違うんですよね。

ということで、今年4月から試している左側のトライアングル型2枚(詳しくはこちらで)に続いて、新たに購入した右側2枚をご紹介します。

MASTER8 JAPANのピック

左) トライアングル型
右上)ジャズ型
右下)ティアドロップ型

 

感想

トライアングル型は適度な大きさがあり安定するから持ちやすい。初心者にはまずこれがオススメです。3つの角のどれもが使えるからコスパ良いかも。

ジャズ型は細かいフレーズを弾きやすく、素早いリードギターを弾くのに適しています。ただピックが小さくて力が入りづらいから、コードストロークやカッティングのときに慣れていないと落としそうになります。慣れて使いこなせれば扱いやすいと思います。

ティアドロップ型はポピュラーな形だけあってリードやストローク、何をするにも弾きやすい。一般的には、これが一番使いやすいかな。ただ、アコースティックギターのコードストロークに1mmは厚くて取り回し辛かったから、次は0.8mmを試してみます。

 

持ち運びには

最近はサプリメント用のケースに入れています。薄くてピックが収まりやすく、カバンに入れても邪魔にならないから。

もらい物なので【Dear-Natura】ってロゴが入ってるけど、アルミ製だから丈夫だし青色なので気に入っています。

ピックを入れるケース

 

まとめ

ピックは【形】【素材】【厚み】など、様々な要素で音や弾き心地が変わります。

『これが正解』というものはないし、自分に合うものは実際に使ってみないと分からない。弾く内容によっても違ってくるし。

良さそうと思えるものをいくつも試して、ぜひお気に入りを見つけてください!

-ギター&便利グッズ

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.