初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

エレキギター教室 ギター&便利グッズ

新しいアンプ VOX MV50-BQ Boutique & BC108を導入

投稿日:2018年9月8日 更新日:

鳴海教室(名古屋市緑区)のレッスン用アンプ VOX MINI5 Rhythmは、生徒さんたちのエレキギターをつないだときはシャキシャキとした気持ちいい音が出るし、内蔵のリズムマシンもレッスンで大活躍だ。

でも、僕のPRSをつなぐと低音がブンブンと変に響くし、高音はショボい(泣)…どうして?

しばらく試行錯誤してみたけど改善には至らず。自分のギターを楽しく弾きたいし、レッスンでも良い音を出したいから、新しいアンプを導入することにしました。

 

VOXのMV50-BQ Boutique と BC108

教室の備品を購入するときは、参考になるよう『生徒さんたちが家で使えるクラスのもの』というテーマで選んでいます。

しばらくネット情報やYouTubeを見て、悩んだ末に選んだのがこれ。黒の箱がカッコいい。

 

本体の大きさがほとんど変わらないように見えるけど、レベルが全然違います。
左)BC108は8インチのスピーカーで出力25W
右)MINI5 Rhythm6.5インチのスピーカーで出力5W

VOXのBC108とMINI5 Rhythmを比較

新たに購入したBC108はスピーカー部分だけ。

これだけでは音が出ないので、MV50というアンプ・ヘッドを組み合わせます。

VOX MV50-BQ Boutique

アンプと言えばレトロな真空管(チューブ)を使用したチューブ・アンプがたくさん出ているけど、MV50は次世代真空管「Nutube」を搭載しているんです。

次世代って言われると、何だか良さそうに思えてしまうのは不思議だ。電気関係のことは良く分からないけど。

 

Nutube(ニューチューブ)って何?

VOXの日本販売元コルグとノリタケ伊勢電子が共同開発した、新しいタイプの真空管です。

真空管独特の心地良いサウンドを実現しながらも従来の真空管の2%以下の電力で動作し、連続期待寿命30,000時間という長寿命を誇る優れモノなんです。

Nutube

電源を入れると本体内が青色に発光して、本体の上部から内部が見えるという演出がニクイ!

 

VOX ( ヴォックス )  /  MV50

このシリーズは2017年にRockCleanACの3種類が発売され、それぞれ狙っている音が違います。以前から興味があったけど、タイミングよく今年にBoutiqueHigh Gainの2機種が追加発売されました。

この中で僕が気になったのはBoutique。Boutique(ブティック)と聞くと”高級な洋服店’”を思い浮かべてしまうけど、本来はフランス語で”小さな店”という意味だそう。

このVOX MV50-BQ Boutiqueは、ハンドメイドで製作された「幻のアンプ」と言われるダンブル・アンプをイメージしているらしい。エレキギターの世界も深い!詳しい解説はリンク先をお読みください。

 

感想レビュー

シャキっとした音でとても心地いい。音の厚みや太さがあるからエレキギターを弾くのが益々楽しくなりそうだ!レッスン用には十分な性能です。

デザインは『最新テクノロジーを内蔵しているけど、見た目はレトロ』という感じがで気に入りました。

 

試奏動画

僕が参考にした製品レビューはこちらです。

 

残念ポイント

アンプ・ヘッドとスピーカーをつなぐ付属のケーブルが、いかにも安物っぽくてショボい。

ギターからアンプ・ヘッドにはBelden(ベルデン)8412という良質なケーブルを使っているのに、『最終的にこのケーブルを通ったら、音が痩せるんじゃないか』という不安がよぎります。

ということで、教室に置いてあったBeldenのパッチケーブルと比較実験してみました。

何度も抜き差ししながら聴き取ってみたけど、やっぱり音の解像度が違う。Beldenのケーブルを使うと音の粗さがなくなり、豊かなで厚みのある感じになりました。ケーブルって大切!適切な長さのものを用意して付け替えたいと思います。

 

まとめ

ここまで良い音が出せてこの価格というのが嬉しい。

程よいサイズでパワーもあるから、家での練習用にはピッタリだ。夜遅くでもヘッドホン端子があるから静かに弾けます。

 

 

-エレキギター教室, ギター&便利グッズ

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.