052-683-6277

【 受付時間 】11:00 ~ 21:00[ 土日も対応 ]

ギター&便利グッズ

【2022年版】乾燥からギターを守ろう~湿度が低い時は加湿器などでケアを

2022年11月7日

秋冬は湿度が低いから、ギターのケアは大切です。

空気が乾燥すると、人間の肌がカサついたり、ノドが痛くなったりするのと同じ。ギターも乾燥しすぎるとネックが反ったり、表面板が割れたりといったトラブルが起きやすいからお気を付けください。

ギターを保管する最適な環境は?

有名ギターメーカーが推奨するギター保管の環境を調べてみました。

  • マーティン(Martin):湿度45〜55%
  • ヤイリギター(K.Yairi):湿度40〜60%
  • テイラー(Taylor):摂氏21℃前後、湿度50%前後(40%~60%)

なるほど。ギターにとって最適な環境は、人間が快適に過ごせる環境と同じですね。

低い湿度からギターを守る、オススメのグッズ!

スチーム式加湿器

湿度が低い時に加湿器を活用すれば、ギターのコンディションだけじゃなく、風邪をひきやすい時期に自身の健康を保つのにも有効です。

加湿器の中でもお気に入りなのが「象印の電気ポットのようなスチーム式加湿器」。ギター教室のレッスン室や自宅で何種類も加湿器を使ってきたけど、最終的に全部これに統一しました。

象印 加湿器 2.2Lと3.0L

毎年、型番や本体の色が少し変わるけど機能は同じです。

おすすめポイント

加熱して作られた蒸気

スチーム式の加湿器は水を過熱して蒸気を出すから、煮沸消毒されていて安心。超音波式は手軽だけど、タンク内の水に菌が繁殖していたら、そのままミストとして部屋にまかれると考えると、僕は怖くて使えません。

部屋が暖かい

加熱してできた蒸気だから部屋が暖かくなるし、加湿していると空気中の水分が暖められることでエアコンの効きも良くなります。

水が補充しやすい

ポットと同じ構造だから、給水はフタをパカッと開けて注ぐだけ。コンロで沸かしたお湯を給水すれば電気代の節約になります。

フィルターが無い

普段の掃除は不要で、残った水を捨てるだけ。残り水は「濃縮されたカルキ水」って感じなので継ぎ足しはやめましょう。
他のスチーム式加湿器はフィルターがミネラルやカルシウムでゴテゴテになるから掃除が大変でした。

マイナスポイント

お湯を沸かすグツグツ音や、蒸気が出るシューっという音がやや大きいです。僕は気にならないけど、小さな音にも神経質な方は気になるかも。

象印 加湿器 2.2Lと3.0L

木造和室8畳・プレハブ洋室13畳対応

木造和室6畳・プレハブ洋室10畳対応

Boveda(ボヴェダ)49% 楽器用湿度調整剤

ギターのハードケースに加湿や除湿ができる湿度調整剤を入れてるけど、ナカナカ良い感じ。乾燥が進むと純粋な水分だけを放出し、湿度49%以上になると空気中の水分を吸収して45〜55%に維持してくれます。

Boveda 49RH をアコースティックギターに
【Boveda湿度調整剤】ギターケースの湿度を49%に保ちたい

ギターはデリケートな楽器なので、湿度の変化に弱いんです。 湿度が高すぎると、薄い表面板やネ ...

続きを見る

デジタル温湿度計

湿度管理には、まず現状を知ることが大切です。

ThermoPro湿度計 TP55
ギターの湿度管理にデジタル温湿度計がオススメ

ギターにとっては、高い湿度も低い湿度も大敵だ。故障や不調の原因になるからね。 もちろん、風 ...

続きを見る

まとめ

湿度が低いとギターのコンディションが悪くなったり、故障してしまうこともあるから、しっかりと湿度管理することをオススメします。

湿度が高い時期のケアは、こちらのページで

Boveda (ボヴェダ) 49%RH
【2022年版】梅雨の湿気からギターを守ろう~湿度が高い時のケア

梅雨になったから『湿度が高い時期は、ギターをどう保管したらいいですか?』という質問が増えて ...

続きを見る

関連記事

関連記事
blank
【2022年版】ギターや関連グッズ情報【まとめページ】

ギターをこれから始めるとき、ギターを弾いていくうえで必要な便利グッズなどを紹介します。『ど ...

続きを見る