初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

クラシックギター教室 ギター&便利グッズ

【弦レビュー】プロアルテ EJ45

投稿日:2017年10月13日 更新日:

1年前に入手した、イタリア製のクラシックギターに合う弦を探究中。弦を交換するたびにメーカーや種類を変えて試しています。

相性のいい弦を見つけるには、実際に張って弾いてみるしかないからね。

 

ダダリオ プロアルテ EJ45とは

今回はギター弦でトップシェアを誇るD'Addario(ダダリオ)社の中でも一般的に広く使用されているEJ45(Nylon Core)。メーカーの情報によると、音質は中庸に位置しています。

ダダリオ社クラシック弦の一覧

Pro-Arté Nylon Core

プロ・アルテの高音弦は、PC制御レーザーシステムによって、200箇所に及ぶ測定を行っています。これにより弦の品質が保たれ、また演奏中のテンションが均一になるよう、設計されています。

 

張ってみました

EJ45は定番中の定番弦で、品質やピッチが安定しているので生徒さんにオススメしているし、僕にとっては【クラシックギター弦の原器】と言えるくらい、弦を比較するときの基準になっています。

でも、優等生過ぎて面白味に欠ける印象があったのと、今まで使っているギターには他の弦がマッチしていたので、試すのが遅くなってしまった。

イタリア製のクラシックギターにEJ45

 

使用感

張りたて

低音はスッキリと心地よく響き、音がスーッと伸びます。キレイな音色でギターが素直に鳴ってくれて嬉しい。どうして早く使わなかったんだろう。

ただ、高音弦はちょっとポワッとして鈍い。もしかしたら、いつも使っているカーボン弦の張りのあるピーンとした音に慣れ過ぎているのかも知れないから、こちらは様子見だ。張りはカーボン弦よりも緩く、弾き心地は良いです。

1週間後

チューニングが安定してきて、音にまとまりが出てきました。まさに優等生といった感じで、このギターの良さが表現されています。

弦による変な色付けがないのは、ギターの特性とマッチしていて心地いい。

 

まとめ

やっぱり定番は侮れません。皆さんも、いろいろな弦を自分のギターに張ってみて、お気に入りを見つけてくださいね。

 

-クラシックギター教室, ギター&便利グッズ

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.