052-683-6277

【 受付時間 】11:00 ~ 21:00[ 土日も対応 ]

アコースティックギター教室 ギター&便利グッズ

【SKYSONIC】取付~Gibson J-180編

2015年1月28日

アコースティックギター用の後付けピックアップ、SKYSONIC T-903を実際に取り付けてみました。

 

取り付けるギターはGibsonJ-180

King of Flat Topsとして名高いGibsonのJ-200よりもひと回り小さく、J-185よりもやや胴が浅め。左右対称の大きなピックガードと星型のポジションマークが特徴です。

SkysonicをgibsonのJ-180に取り付け

そういえば、Mr.Childrenの桜井和寿さんが以前に使っていましたね。

 

早速、取り付け作業

弦をブリッジから取り外して束ねて、ギター内部の作業をします。

J-180の弦を外す

本来ならエンドピンを取り外して、ジャックが出せるように穴を大きく拡げなければいけないんだけど、以前に別のピックアップが取り付けられていたので、すでに穴が大きくなっていました。

ギターのエンドピン

エンドピンの径を大きくするためにはリーマーという工具を使ってギコギコと削っていかなくてはいけないので、この工程が省けたので大助かり!

ギターにピックアップを取り付け

サウンドホールからエンドピンジャックを出します。手探りで作業しにくい…。

エンドピンジャックを取り付け

何とか通りました。サイズもバッチリ合ってる!

エンドピンジャックを締め付け

ボックスレンチでしっかりと締めます。教室に工具を用意しておいてよかった。

エンドピンジャックの取付完了

これでエンドピン・ジャックの取り付けは完了。

さて、本体の取り付け作業をする前に、電池とケーブルを繋いで音が出るか動作確認をしておきます。もし完全に取り付けた後に音が出なくてやり直し…なんてことになったら、面倒で泣くに泣けないからね。

ピックアップをチェック

 弦が張ってないので、マグネチックピックアップはドライバーで軽く叩いて各弦の音が出ているか確認します。

電池ボックスの取り付け

電池ボックス取付用のマジックテープをヒールブロックに貼り付ける前に粘着テープで木の粉などを掃除しておきます。

細かいことだけど「電池がマジックテープごと脱落」なんてことにならないようにするための大切な作業なんです。

電池ボックスの取り付け中

ヒールブロックの左(低音側)にマジックテープを張り付け。ギターを弾いているときの重力の向きを考えると、低音側に取り付けるのが脱落しにくいかな。

Skysonicを取付完了

サウンドホールの両端に本体をネジで挟み込んで取付完了!

Skysonicのバランス調整

ここからは耳が勝負。各弦の音量バランスを聴き取りながら、六角レンチでピンの高さを調整します。これですべての作業が完了。取り付け作業よりも、調整作業に時間がかかってしまいました。

ピックアップを取り付けても、違和感無いですね…というかボディーの黒にマッチして、むしろカッコ良くなったかも!

Skysonic_J-180_17

新型はこちら

こちらの新型はワイヤレスだから、取り付けが簡単ですよ。

 

アコースティックギター用アンプ

エレキ用のアンプでは聴き取りにくかったので、アコースティックギター用のアンプを購入しました。ソロギターやフィンガースタイルのレッスンでも活躍してくれることでしょう。

お気に入りのRoland AC-33は自然な出音で、リバーブも内蔵しているのでオススメです。ギターとマイクが同時に入力できる2ch仕様で、AC電源のほか電池駆動もできるのでストリート演奏にも便利! 

 

アズール・ギター教室の生徒さんで興味のある方は!

使い方の説明、取り付け、調整のお手伝いをします。興味のある方はご相談ください。代表:山口直樹に直接お申し出いただくか、お問い合わせからメールにてご連絡ください。

みんなでギターを楽しみましょう!

-アコースティックギター教室, ギター&便利グッズ

© 2020 アズール・ギター教室のブログ