初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

クラシックギター教室

【Gotoh】クラシックギターの糸巻を交換

投稿日:2014年4月4日 更新日:

9年前から習いに来ている生徒さんが、誤ってギターを倒してしまった。その際に床にぶつかったのだろう、3弦のつまみがグニャリと曲がって…ああ、なんということでしょう。

でもペグを壊すのは珍しいことではなく、僕の生徒さんは1年に1人くらい壊しています。もっとギターを大切にしましょう!

tuningmachine1

生徒さんのギターをチェックしたところ、9年間の使用でギア部分が摩耗して動作が固くなり、チューニングしにくくなってました。どちらにしても替え時でしたね。

新しい糸巻(ペグ)に交換することにしたけど、修理代が安く済むように僕がパーツ交換をすることにしました。

 

ペグ交換の作業内容!

弦を外してからビスを緩め、本体を取り外します。

tuning machine 3

意外と簡単に外れます。ここで重要なアイテムが『爪楊枝』なんです。

tuningmachine5

新しいパーツとはビス穴の位置が違うので、しっかりと本体を固定するために以前の穴に埋め木してから取り付け。(ここがポイント!)

【古いペグ】

tuning machine 2

 

【新しいペグ】tuning machine 4

新品の部品はキラリと輝いて、チューニングもスムーズにできた。

tuning machine 6

糸巻はグリスを付けたりしてメンテナンスしていても、長年使用していると摩耗してガタツキが出てくる。そんな時は、快適なチューニングのために交換しましょう。

新しいバーツで快適になって気分も一新。これからもギターを楽しんでね

-クラシックギター教室

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.