初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

個人的なこと

いかにも「ギター」らしい音

投稿日:2018年3月26日 更新日:

扶桑町にある石田先生のヴァイオリン教室にお邪魔してきました。

名古屋市外だと遠い気がするけど、金山駅前教室(名古屋市中区)からは名鉄犬山線で30分くらいだから意外と近い。

今日はヴァイオリンのレッスンの合間で時間を取っていただき、ヴァイオリンとギターで合奏練習をしました。

いつもながら魅力的な音色でスイスイと演奏されて…さすが!自宅ではCDの音源に合わせての練習もしていたけど、やはり生の演奏は緊張感があるし、生の音は断然いいですね。

お互いの出す音を意識しながら演奏するのは、楽しくて贅沢な時間でした。いつもながら、『もっと練習しないと』って反省も…。

 

休憩はギター談議を

石田先生は各種ギターにも造詣が深く、最近はエレキギターを探して楽器店をまわっているそうだ。

1960年のエレキギターを試奏したら、「レコードで聴いたのと同じような音がした」と熱く語られ…。ヴィンテージのギターは『その時代の音』を持ってるんです。東京にはたくさんの楽器店があるから羨ましい。また『東京ギター探索』でもしようかな。

アコースティックギター、クラシックギター、エレキギター、そしてヴァイオリンでも、レコードやCDの名盤でよく耳にする音は『いわゆる普通の楽器の音』だけど、それこそが普遍性がある究極の良い音かも…なんて話にもなって面白かった。

『ギターらしい音』というのは楽器選びの時だけではなく、演奏するときにも必要な考え方ですね。

 

弦情報の更新

前回の記事にあるオーガスチン弦についての情報をいただいたので、記事を更新しました。

 

まとめ

やはり、他の奏者を意識しながら音楽を作っていく合奏は楽しい。

『ギターが弾ける』のは楽しいことだけど、バンドや合奏などで他の人と一緒に演奏すると、より音楽が面白くなってきますよ!

-個人的なこと

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2018 All Rights Reserved.