クラシックギター教室 ギター&便利グッズ

【弦レビュー】オーガスチン リーガル/赤

投稿日:2018年3月23日 更新日:

1年半前に入手したイタリア製のクラシックギターに合う弦を探究中です。

相性のいい弦を見つけるには実際に張って弾いてみるしかないから、弦を交換するたびにメーカーや種類を変えて試しています。

 

オーガスチン(Augustine)とは

クラシックギターで使う弦がガット弦からナイロン弦に変わったのは戦後、巨匠セゴビアが活躍した頃。そのギター用ナイロン弦の元祖がオーガスチン社なんです。

定番はBlack(ライト)・Red(ミディアム)Blue(ハイ)の3種類のゲージ(太さ)。楽器店などで「どのゲージが良いのだろう?」と迷ったことのある方も多いと思います。

Classic Black
オーガスチン黒

【高音】
Regular Tension 

【低音】
Light Tension 

Classic Red
オーガスチン赤

【高音】
Regular Tension 

【低音】
Medium Tension 

Classic Blue
オーガスチン青

【高音】
Regular Tension 

【低音】
High Tension 

ところで僕が今日、弦のデーターを調べていて初めて知った衝撃の事実がありました。

それは、この3種類の弦の高音弦はすべて同じ太さだということ!低音弦だけ太さが違っていたんです。

普通はゲージが上がると、全弦がそれぞれ太くなっていくのに…。思い込みは怖いですね。

でも、楽器店にはRedBlueのバラ弦がそれぞれ置いてあったと記憶してるけど、高音弦は中身が一緒だったとは…。高音弦のパッケージを色分けしていた意味が分かりませんね。

 

オーガスチン リーガル/赤 を張ってみました

オーガスチンの高音弦は、音程が良くないものが多いことで知られています。

僕は、ギターを始めた頃だけ使ってたけど、まとめ買いをして不良弦だとすぐに捨てていました。それ以降はあまり使うことがなかったので、現在の品質は分かりませんが。

さて今回、実験のために、久しぶりにオーガスチンのリーガル/Redを張ってみることにしました。音程の問題を解消した高音弦がリーガルだったように記憶しています。このギターに張るのは初めてだ。

オーガスチン リーガル/赤

リーガルは高音弦(1・2・3弦)のみなので、低音弦(4・5・6弦)はRedを組み合わせたセットを使いました。

オーガスチン リーガル赤

高音弦の端が紫色でキレイだったので、ブリッジ側に残してみました。オーガスチン ブリッジに紫

 

使用感

張りたて

高音弦は感触や見た目がビニールっぽい感じで、やや太目。硬くてやや響きにくさを感じました。

公式ホームページで調べたら、Extra High Tension だって…張りが強いはずだ。と言っても、細くて張りの強いカーボン弦に慣れているのでそれほど気にならないけど。

低音弦はさすがの輝き!しっかり感があって心地良い。

1週間後

弾いていくと徐々にこなれてきたようで、高音が豊かで温かみのある音色になってきました。なかなか良い感じだ。

低音弦は変わらずしっかりした音。耐久性もあるようです。

2週間後

高音弦に問題発生!ビニールのようにツルツルだったのが、右指で弾く部分だけザラザラになり、弾くときに違和感があります。爪で傷ついたみたい。

そういえば過去にもこれが気になって、リーガルを使うのをやめたんだった。高音弦だけ交換した方がいいかなと思えてきました。

低音弦は変わらずしっかりした輝かしい音。

3週間後

高音弦の感触にやや不満を感じながらも、実験なので使い続けてみました。ザラザラ感は特にひどくはならず。良いのか悪いのか分からないけど、この状態に慣れてきました。

低音弦は重みがあり、輝かしい音色を維持しています。

4週間後

やはり高音弦のザラザラ感が気になるので、ついに交換しました。

 

まとめ

この記事を読んだ方たちから情報をいただきました。反応があるのは嬉しい!

やはり「リーガルの高音弦がザラザラになる」のは僕だけではないようです。使い続けている人たちは、「そういうもの」と納得しているようです。

定番のクラシックギター弦としては比較的安い方なので、頻繁に交換してもそれほど負担ではないし、音色はふくよかで魅力的なので引き続きオススメです!

 

 

-クラシックギター教室, ギター&便利グッズ

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2018 All Rights Reserved.