052-683-6277

【 受付時間 】11:00 ~ 21:00[ 土日も対応 ]

エレキギター教室 ギター&便利グッズ

エレキギターのリペアに行ってきました~弦のゲージ変更

2020年9月23日

いつも金山駅前教室(名古屋市中区)のレッスンで使用しているエレキギターは、20年くらい前にカスタムで製作してもらったもの。大切に弾いています。

カスタム製作のエレキギター

エレキギターの使用弦を変更

ここ数年はエリクサーOPTIWEBのLight(.010-.046)を使用してきたけど、チョーキングなどで弾きにくさを感じてきたので、今回から同じもののSuper Light(.009-.042)にゲージ(太さ)を変更することにしました。

 

使用弦のゲージ(太さ)変更

弦のゲージ変更は、通常のエレキギターならそれほど問題にならないんだけど、僕のはブリッジにフロイドローズ(下の写真の弦を固定している部品)を使用しているから大変だ。

えっ?何が大変かって?

フロイドローズの弦交換

フロイドローズはチューニングの安定性が抜群に良いんだけど、構造上【弦の張力】と【スプリングの引っ張り力】の均衡でバランスをとってるから、張りの弱い弦に変更すると図3のようにスプリングの力に負けてバランスが崩れてしまうんです。

Floydroseのブリッジ構造

 

調整のためリペアショップに持ち込み

作業は弦交換、裏のスプリングの調整、オクターブ調整くらいだからすぐに終わると思ってたけど……。

気の良い店員さんに『ネックを外しても良いですか?』と言われてこの通り。ギターがバラバラに。大事になっちゃった。

エレキギターがリペアでバラバラに

お互いに好きな音楽や使用しているギター、学生時代のことなどを喋りながら作業は進みます。

ピックガードのネジを外していくと、ご機嫌に喋っていたリペアマンさんが真剣な表情になって『このギターは木製ピックガードだから割れるかも…』って。慎重に開けていきます。

エレキギアt-のピックガードを開ける

初めて自分のエレキギターの中を見ました。ポッドを繋ぐ配線が単線なのは珍しいそうだ。接点復活剤を塗布したらガリはなくなりました。

その他にもあれこれ豆知識を教えてもらいながら作業は続きます。こうやって自然に勉強できるのが対面のメリットですね。ギターのレッスンも同じだ!

エレキギターのピックガード裏側

さらに今度は『フレットを磨いても良いですか?』と言われた。もちろん!お願いします。マスキングテープを貼ってピカールで磨いていきます。

ピカールって仏壇屋のショーウィンドウで見たことあるなぁ。軽く磨くだけでフレットがピカピカになっていくのは気持ちいい!ピンボケしてしまい、輝きがイマイチ伝わらないのが申し訳ないです。

フレットをピカピカに磨く

フレットがピカピカになったら思い出したよ。ボリュームとトーンのノブが錆とくすみで傷んでいたから、新品に交換してもらいました。ピカピカになった!

ノブを交換

70分程かかって作業終了。採算が合うか心配なくらい丁寧なお仕事でした。ありがとうございました。

 

使用弦の紹介

僕が新たに使用するのはこちら。長持ちするコーティング弦でありながら手触りは自然で、パキーンと張りのある音も気に入っています。

 

-エレキギター教室, ギター&便利グッズ

© 2020 アズール・ギター教室のブログ