初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

個人的なこと

大阪ギター探索記2016.06~楽器店巡り

2016年6月6日

先月、ヴァイオリン奏者の石田先生に素敵なギターコレクションを弾かせていただき、毎回の事ながら『良いギターにも多くの種類がある』ということを改めて感じました。

石田先生は、良いギターをたくさんお持ちなのです…僕よりも(笑)

 

名古屋の楽器店では…

『もっとたくさんの良いギターを弾いてみたい』と思っても、ルシアー(個人製作家)のものや、ヴィンテージのアコースティックギターを豊富に揃えている楽器店は名古屋にはありません。

というわけで、ギター探索に大阪へGo!名古屋駅で新幹線を待っていると、修学旅行のような気分でワクワクします。

osaka2016

1年ほど前に三木楽器 梅田店を訪れた時は、梅田駅から徒歩3分ほどの道のりを迷ってしまい、到着するのに30分もかかってしまったけど、今回は開店時間の11時を少し過ぎたあたりに無事到着しました。何の自慢にもならないけどね…。

 

さっそくアコースティックギターを試奏

弾かせていただいた、個人製作家のギターはこちら。

M.Shiozaki(塩崎雅亮)

M.Shiozaki

ヴィンテージ・マーティンの研究家としても有名な、塩崎雅亮が製作した1938年製 Martin D45のレプリカ

石田先生が所有される同じ機種は、6畳の部屋でストロークすると部屋中がギターの音で埋まる感じだった。きらびやかな30年代のMartinの音が再現されていて音量も凄い…といっても、30年代のMartin D45を弾いたことはないけど。まあ、イメージということで。

でも、この個体はまだ完成して1ヶ月だったからか、おとなしい音。同じ製作家の同じ品番のギターでも、1本いっぽん違うから弾いていて面白い。

 

Ervin Somogyi(アーヴィン・ソモギ)

世界最高峰のアコギ製作家Ervin Somogyi(アーヴィン・ソモギ)2001年の作品。

Ervin Somogyi

ソモギは世界でもトップクラスのアコースティックギター製作家で、僕の憧れのギターです。

15年落ちの中古だけど傷が見当たらない。お店の方によると、『貴重なギターなのでオーナーになっても、もったいなくて弾けない』らしい(笑)

アコースティックギターは14フレットジョイントが標準だけど、これはクラシックギターと同じ12フレットジョイント。その効果か、響き方や音色も優しくて音が太く、クラシックギター寄りの美しく澄んだ音で指弾きには最高です。

繊細な作りなので、ストロークやボディーヒットは怖くてできないけどね。

Ervin Somogyi1

裏横板は美しいキルテッドマホガニー。木目フェチなので何度も見つめてしまった。ウットリ。

 

Raymond Kraut(レイモンド・クラウト)

Raymond Kraut

アーヴィン・ソモギ氏の弟子として知られるRaymond Kraut(レイモンド・クラウト)の新作。

表面板に施されたデザインワークが個性的です。弟子と言っても自分の個性を織り込んでいて、似て非なるギターになっていました。若手の製作家がどんどん出てくるのは嬉しいことです。

お店の方の試奏動画

まとめ

今回は、素敵なギターを2時間ほど弾かせていただきました。

親切な店員さんに製作家のエピソード、ギターの調整についてなど教えていただき、たいへん勉強になりました。丁寧な応対をありがとうございました。

 

-個人的なこと

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.