初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

クラシックギター教室

カルカッシ『25の練習曲』を再チェック

2009年5月24日

カルカッシ作曲の「25の練習曲 Op.60」をレッスンする機会が増えてきたので、運指や表現などを再チェックしました。

 

マッテオ・カルカッシとは

マッテオ・カルカッシ(Matteo Carcassi, 1792年 - 1853年)は、イタリア出身のロマン派の作曲家/ギタリスト。

「25の練習曲 Op.60」はクラシックギターでは必須の練習曲集なので、多くの楽譜が出版されています。

うちには5種類ありましたよ。

カルカッシ 25の練習曲今回使った楽譜の編者は、
後列左から)Rey de la Torre溝淵浩五郎田部井辰雄
前列左から)速水武志Paul Henry

 

楽譜をすべてチェック

同じ曲を5種類の楽譜を見比べながらチェックしていると、視線がウロウロして目が回ります。同じ音でも押さえる指・使う弦やポジションなどが違うので、編集した人の考えを読み取ることができるのは弾いていて面白い。

「人は同じものを見ても、それぞれに見方・考え方の違いがある」ということを改めて感じました。 もちろん「これが唯一絶対の正解」という答えがないことも。

ギター以外にも言えることなので、なかなか奥が深いですね。大切なことはギターが教えてくれた…かな?

 

-クラシックギター教室

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.