初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

アコースティックギター教室 ギター&便利グッズ

2019年版【弦レビュー】おすすめのアコースティックギター弦

投稿日:2019年5月18日 更新日:

生徒さんから『おすすめのアコースティックギター弦を教えて欲しい』とよく質問されるけど、 答えるのがナカナカ難しい。

ギター弦は多くのメーカーが作ってるし、素材やゲージ(太さ)など種類も豊富。しかも、ギターや弾き手との相性もあるからね。

本当は『好きなものを使ってね!』なんて答えたいけど、それじゃ生徒さんが困ってしまうだろうから、参考までに僕が普段使っているものをご紹介します。

 

どれを選んだらいい?迷うなら定番弦

D'Addario(ダダリオ)フォスファーブロンズ Light

定番中の定番と言えばダダリオ  EJ16 。(意見には個人差がありますが…)

品質は安定していて価格も手ごろなので『どの弦を使ったらいいですか?』と尋ねられると、まずはこれをオススメしています。

この弦を基準にして、他のものを試していくと差が分かりやすいですよ。

 

 

レッスン用ギターには

Elixir(エリクサー)NANOWEB フォスファーブロンズ Light

弦にコーティングを施した長寿命弦と言えばエリクサーが代表的。

サビ難いのが特徴で、頻繁に弦交換できないレッスン用ギターには全てこれを使っています。

コーティングの効果でスルッと滑らかにポジション移動できるのもメリットかな。

エリクサー弦のコーティング

『張り替え当時の高音質を、コーティングの無い普通の弦より3~5倍も長持ちさせる』とメーカーがアナウンスしている通りで、ノーマル弦に比べて弦交換の回数を減らせています。

音はブライトでやや無機質にも感じるけど、安価なギターでもしっかり鳴らしてくれます。

他の弦に比べて『サビにくさ』は圧倒的だ!ノーマル弦より高価だけど、長持ちさせて交換頻度を減らせるというメリットがあります。

 

僕のギターには

MARTIN(マーティン) AUTHENTIC ACOUSTIC Treated with Lifespan 2.0  Light

アコースティックギターの老舗メーカーMartinが、2018年10月にリニューアル発売して新世代(2.0)になりました。

「Martin MA540T ライフ・スパン2.0」は、特殊な液体に浸すトリートメント加工を施したロングライフ弦です。以前からMartinの長寿命弦を使用していたので、リニューアル後も継続して使用しています。

Martin ライフ・スパン2.0弦

手触りはノーマル弦に近く、適度なきらびやかさがあります。キレイな音でギターが鳴るし劣化しにくいから気に入っています。

ただトリートメントしているといっても、1ヶ月半程でサビてきます。『サビにくさ』を重視するならエリクサーの方が圧倒的に良いですよ。

長寿命弦にしたいけど、コーティング弦の『ヌルッとした手触り』『やや曇った鈍い音』が苦手な方にオススメです。僕は苦手なので、全てのアコースティックギターにこれを使用しています。

 

弦に関するよくある質問

オススメのゲージは?

弦は同じシリーズの中にもLightMediumといったゲージ(弦の太さ)が何種類もあります。

『どれにしようかな?』と迷ったら、とりあえずLightを使って様子を見てください。

しばらく弾いてみて、強すぎると感じればCustam lightに落としたり、もっと太く豊かな音を出したいならMediumに上げたり。いろいろ試すと分かることがありますよ。

アコースティックギター弦のゲージ

※ゲージの名前は各メーカーが独自に設定しているもので、世界標準ではないのでお気を付けください。

 

まとめ

ギターを買い替えるとそれなりに費用がかかるけど、弦は消耗品だから交換ごとに銘柄を変えても余分な費用はかからない。しかも、けっこう音が変化します。

自分のギターであれこれ試して、相性の良いお気に入りを見つけてください!

 

-アコースティックギター教室, ギター&便利グッズ

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.