052-683-6277

【 受付時間 】11:00 ~ 21:00[ 土日も対応 ]

アコースティックギター教室 ギター&便利グッズ

2022年版【弦レビュー】おすすめのアコースティックギター弦

2021年7月1日

生徒さんから『おすすめのアコースティックギター弦を教えて欲しい』とよく質問されるけど、 答えるのはナカナカ難しい。

ギター弦は多くのメーカーが出してるし、素材やゲージ(太さ)などの種類も豊富だし。しかも、ギター本体や弾き手との相性もあるからね。

本当は『好きなものを使ってね!』なんて答えたいけど、それじゃあ生徒さんが困ってしまうだろうから、僕が使っている弦とレビューを書きます。

迷ったら定番弦

D'Addario(ダダリオ)EJ16 フォスファーブロンズ Light

アコースティックギター弦の定番中の定番と言えばダダリオのEJ16 でしょう。安定した品質で値段が手ごろなので、まずはこの弦を基準にして他を試すと差が分かりやすいですよ。

僕はエリクサーのヌルッとした手触りやや音が鈍く感じられる音色が苦手なので、自分のアコースティックギターには全てこれを使用しています。

弱点は、コーティング弦に比べて錆びやすく、寿命も短いこと。でも安いから、小まめに交換して新しい弦の音を楽しめます。

頻繁に弦交換をするなら3セットパックの方がお得です!ダダリオ弦は劣化を防ぐ特殊ポリマーの袋で1セットずつ密封されているから長期の保管も安心です。

サビにくい長寿命コーティング弦

Elixir(エリクサー)について

サビ難いコーティングと言えば、エリクサーが一番人気!頻繁に弦交換ができないギター教室のレッスン用ギターには全てエリクサーを使っています。

コーティングの効果でスルッと滑らかにポジション移動できるのもメリットだ。

エリクサー弦のコーティング

『張り替え時の高音質を、コーティングの無い普通の弦より3~5倍も長持ちさせる』とメーカーが言う通り、ノーマル弦に比べて弦交換の回数を減らせています。他のメーカーに比べて『サビにくさ』は圧倒的で本当に長持ちします。

Elixir フォスファーブロンズ Light

見た目は赤っぽい素材の弦です。明るく煌びやかで深みのある音色なので、ソロギターを弾く方やガンガン弾きたい弾き語りの方に向いています。

Elixir 80/20ブロンズ Light

見た目は黄色っぽい素材の弦です。落ち着いたストロークやアルペジオ中心の弾き語りに向いています。

弦に関するよくある質問

オススメのゲージは?

弦は同じシリーズの中にLightMediumといったゲージ(弦の太さ)が何種類もあるので、迷ったらLight(12-53)を使って様子を見てください。

しばらく弾いてみて、張りが強すぎると感じればCustam light(11-52)や Extra Light(10-47) に、もっと太く豊かな音を出したいならMedium(13-56)に替えましょう。

張りの弱い弦なら、楽に押さえられる?

ギター弦の太さ
張りの弱いアコースティックギター弦なら楽に弾ける?!

女性や子供さんにアコースティックギターのレッスンしているとき「弦が硬いから押さえにくいのか ...

続きを見る

まとめ

ギターを買い替えると費用がかかるけど、弦は消耗品だから交換ごとに種類を変えても余分な費用はかからない。しかも、けっこう音が変化します。

自分のギターであれこれ試して、相性の良いお気に入りを見つけてくださいね!

ギターグッズの紹介ページ

関連記事
blank
【2022年版】ギターや関連グッズ情報【まとめページ】

ギターをこれから始めるとき、ギターを弾いていくうえで必要な便利グッズなどを紹介します。『ど ...

続きを見る