初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

アコースティックギター教室

【YAMAHA】LS16 AREを入手

2015年10月2日

ときどき生徒さんから『どんなギターを買ったらいいですか?』と質問されます。

そんな時に弾き比べられるよう、教室に設置しているレッスン用ギターは【生徒さんにお勧めできるギター】というテーマで選んであります。

現在のところ、金山駅前教室(名古屋市中区)のレッスン用ギターは、アコギだけでも

  • ARIA(アリア / 名古屋)3本
  • MORRIS(モーリス / 松本)4本
  • Bugs Gear(バグズ・ギア / 韓国)1本

の合計8本を用意し、同じメーカーのものでもグレードや年代を違えてあります。
※カッコ内の地名は本社所在地

あれ?日本で最も有名なヤマハがないよ!

思い起こせば、僕が新品で手に入れた最初のアコギはFG、2本目はLLとヤマハがお気に入りだった。大好きなさだまさしが使用していたからという単純な理由だったんだけど…。

特に理由もなく避けていたのを反省し、今回はYAMAHA(ヤマハ)を試奏対象に探索してみました。

 

YAMAHAのアコギを選定

楽器店などを周り、何本も弾いて弦高や音量、音質をチェックしました。

硬い音のもの、柔らかい音のもの、やや音像がボヤけたものまであったけど、その中にしっかりと張りのある音のものを見けたので持ち帰ってきました。

それがこのギター!【LS16 ARE】 yamaha_ls16_24

ヤマハのLシリーズには3種類のボディシェイプ
LL(オリジナルジャンボ) 
LS(スモール)
LJ(ミディアムジャンボ)
があります。

今回入手したのは、やや小さなボディで初心者にも扱いやすく、フィンガーピッキング(指弾き)にも向いているLS(スモールボディ)というタイプです。

yamaha_ls16_14

このギターの品番にあるA.R.E.とは、短期間で木材を熟成させて長年使い込まれた楽器のような鳴りを生み出すヤマハの画期的な木材改質技術。この処理のおかげかは分からないけど、以前のものより印象は良かった。

指板幅は通常よりも広い44mm。標準的なMartinなどは42.9mmなので約1mm広いというだけだけど、ずいぶん押さえ易い。

初心者にありがちな【他の弦に自分の指が当たってコードの音が上手く鳴らない】ということが少し防げそうだ。

yamaha_ls16_22

 12フレットの弦高なども計測しました。6弦2.5mmなら適正値!

yamaha_ls16_21

 

パッシブ型ピックアップが付いているけど、僕ならもっと良い音が出てパワーのあるアクティブ型ピックアップに付け替えたいところ。すでにジャックの穴が空いているので、取り替えは簡単にできます。

yamaha_ls16_23

 

久しぶりにヤマハを堪能しました。 

yamaha_ls16_13

 

【注意】
ギターは同じ品番のものでも、弾き易さや音がそれぞれ違います。すべての【LS16 ARE】が良いと言っている訳ではないので、誤解のないように。

※生徒さんにはギターの選び方などもレッスンでお話しできますので、ご希望があればお尋ねくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YAMAHA ヤマハ/LS16 ARE NT アコースティックギター エレアコ
価格:86400円(税込、送料無料) (2017/6/26時点)

 

 

-アコースティックギター教室

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.