ギター&便利グッズ

ピックを新調しました!

投稿日:2018年4月1日 更新日:

春ですね。気候が良くてお出かけ日和。

ちょうど何人かの生徒さんからギター買い替え相談を受けていたので、情報収集のために名古屋市内の楽器店に出かけてきました。詳しい内容はここに書けないので、個別にお知らせしますね。

店内のギターをチラチラと見ながら、ついでにアクセサリー売り場へ行くと、以前にギター雑誌で見て気になっていたピックが目に入ってきました。

 

MASTER8 JAPANのピック

半透明の個性的な色と質感は結構好きかも。「柔軟性(弾性)」「形状記憶性」「耐摩耗性」に優れた特殊プラスチックを採用しているそうだ。

さらっとした素材で手に馴染みます。

NFINIX HARD POLISH with RUBBER GRIP

左)INFINIX HARD POLISH with RUBBER GRIP TRIANGLE 0.8mm
  アコースティックギターのストローク用にしました。

右)INFINIX HARD POLISH with RUBBER GRIP TRIANGLE 1.0mm
  エレキギターでメロディーを弾くのに使います。

表裏にある模様はラバーで、デコボコしていて手に吸い付くような感じ。今までにも滑り止め付きピックは何種類か使ってみたけど、それとは別次元だ。

初心者によくある、「ギターを弾いていると、ピックが回ってしまう」という方には特にオススメです!

エレキギターの上に新しいピック

三角の角がシャープで使いやすそう。ピックは100円のものが多いけど、これは150円(税抜)。でも、この品質なら買う価値はありますよ。

これを製造しているのは岐阜県郡上市にある『池田工業』で、ピック製造では国内唯一の専業メーカーだそうです。工場見学できるのかな?

 

 

 

ピックの思い出

そういえば、ピックで思い出した事があります。それは大阪で『お高めのアコギ』を入手した時のこと。

応対してくれた店員さんは『コテコテの関西人』といった気の良い方だったけど、1円も値引きしてくれない…。大阪は値切ってなんぼじゃないのね。

そこで、結婚式でよくある、新婦が新郎にケーキを食べさせるときの司会者ノリで、「せっかく名古屋から来たんだから、弦とかサービスしてね。気持ちは量で表現してね!」とお願いしてみた。

我ながら『良い感じで言えたな』って思っていたけど、そこはさすが関西人、返しが上手い!数セットの弦と一緒に、「これをどうぞ」って言いながらピックを1枚渡してくれました。

老舗ギターメーカーMartin社のロゴ入り。アメリカのマーティン・ミュージアムで購入したものだそうです。このサービスにはさすが関西人って思ったよ。

マーティンのピック

どこが「さすが関西人」かって?

気持ちの大きさがしっかり入ってた!これじゃあデカ過ぎて弾けないけど(笑)ピックが大きくて弾けないよ

やっぱり関西はオチが大事なのかな?

 

まとめ

ピックは素材や厚みで、弾き心地や出てくる音が違います。

消耗品だし安価なので、何種類も試して自分に合うピックを見つけてくださいね。

-ギター&便利グッズ

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2018 All Rights Reserved.