初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

シニアからのギター教室

【Schaller シャーラー】クラシックギターの糸巻を交換

2016年10月10日

長く通って頂いている生徒さんが増えたので、使用されてるギターに故障や不具合がチラホラと見受けられる。メンテナンスについても気を配らないといけなくなってきたかな。

最近、ギターの糸巻の修理依頼が多いけど、今回は金山駅前教室(名古屋市中区)に通う60代の女性のクラシックギター。標準サイズ(650mm)よりも小型な610mmのギターで、小柄な方やシニアの方でも弾きやすいサイズです。

この生徒さんは『弦の交換は苦手』とのことなのでレッスン時に交換作業をお手伝いしてたら、なぜか4弦だけが取れない。グイグイと引っ張ってもビクともしない。よく見てみると、弦を巻き取るローラー(白い部品)が壊れて弦を噛んでいる状態でした。

クラシックギターの糸巻きが壊れている

このギターは、僕にレッスンを受け始めてから買い替えられたもの。2006年製なので10年間使用したことになる…ということは、この生徒さんには10年以上通って頂いてるということだ。感謝!

糸巻のローラーは樹脂製なので、経年変化で劣化して割れるのは仕方がありません。ローラーを1本だけ交換することも考えたけど、しばらくすれば他のローラーも割れるだろうし、ギアも傷んでいるから糸巻をまるごと交換することにしました。

糸巻(ペグ)は消耗品と考えましょう!

schaller03

糸巻を外したギターって、なんだか寂しいなぁ…。

schaller04

これはSchaller(シャーラー)というメーカーの、ドイツ製の糸巻です。同じ型番のものに取替えたので、ネジ穴を明け直さなくても良いから手間いらずだ。作業は弦交換を含め、小一時間で終了しました。

気分一新!これからもギターを楽しんでくださいね。

-シニアからのギター教室

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.