052-683-6277

【 受付時間 】11:00 ~ 21:00[ 土日も対応 ]

アコースティックギター教室 ギター&便利グッズ

【2022年版】初心者向けのアコースティックギターについて

2021年1月9日

これからアコースティックギターを始めようという入会希望の方から、『生徒さんたちは、どんなギターを使っていますか?』という質問をよくされます。

確かにギターの事がよく分からないと『ギターはどれも同じ』に見えるだろうから、ちょっと説明したいと思います。

アコースティックギターを選ぶ

アコースティックギターは同じ価格の中で、サイズ違いが展開されるのが一般的です。

ギターのサイズや形状

YAMAHAのアコースティックギターを比較してみましょう。

アコースティックギターのサイズ比較

  • 【LL】ジャンボ・ボディ(胴厚100~125mm)
    ヤマハ伝統のボディ・スタイルで、他のメーカーのドレッドノート(Dサイズ)とほぼ同じ。
  • 【LS】フォークタイプ(胴厚100~120mm)
    スモール・サイズのボディーで、他のメーカーの000(トリプルオー)やフォークサイズとほぼ同じ。
  • 【LJ】ミディアム・ジャンボ・ボディ(胴厚100~125mm)

ボディーの幅だけじゃなく、胴厚も違うんです。胴が厚いと小柄な方には抱えにくいことがあります。

blank

 

オススメのサイズは?

フォークサイズ(000、LSもほぼ同じ)はボディーが小さく厚みもやや薄いので、初心者でも扱いやすくてオススメです。

アズール・ギター教室のレッスン用アコースティックギターは、すべてフォークサイズに統一しています。

 

オススメのメーカーは?

最初に使うギターは、長く続いている有名メーカーのエントリーモデルが安心です。外見はノーブランドの廉価なものも同じように見えても、メーカーとして長く継続できているのは、それなりに理由があるんですよ。

 

代表的な有名メーカーのアコギ

MORRIS(モーリス)

安定した品質で弾きやすいから、教室のレッスン用ギターにも何本かのモーリスを使っています。

Fシリーズは632.5㎜のやや短めの弦長と小ぶりなボディーは扱いやすく初心者にオススメです。ソフトケースが付いていて、カラーバリエーションが豊富だから嬉しい!

Morris<モーリス>F-011

ギター全体を囲うバインディング(縁取り)を無くしたシンプルでお手頃価格のモデルです。ただし、トップが単板ではありません。
ボディーカラーは【NAT:ナチュラル】【HS:ハニーサンバースト】から選べます。

 

Morris<モーリス>F-021

トップはスプルース単板、サイド&バックにマホガニー材を使用しています。スマートなヘッドデザイン、小さくて低音寄りのポジションマーク位置、薄めのつや消し塗装など、モダンなルックスに仕上がっています。
ボディーカラーが豊富で5種類から選べます。

Morris<モーリス>F-021

 

Morris<モーリス>F-022

トップはスプルース単板、サイド&バックのウォルナットは美しい木目とブライトなサウンドが特徴です。アコースティックギターの伝統的なデザインを踏襲していて、ツヤのあるグロス塗装は高級感があります。
ボディーカラーは【NAT:ナチュラル】【TS:タバコ・サンバースト】から選べます。

 

YAMAHA

日本の有名なギターメーカーと言えばヤマハですよね。

FS830

弦長634mmでボディーも小ぶり。3色のカラーバリエーションがあります。

上位のLS6 ARE

音質や弾きやすさが向上していて、弾くのが楽しくなります。

 

静かなギター

【サイレントギター】というネーミングの通り、静かなギターです。

『静か』といってもヘッドホンを使うことで自分にはギターの音がしっかり聴こえます。でも周りにはパシャパシャくらいの、テレビを観ているときよりも小さい音しか出ないのは嬉しい。

左手の運指を覚えたりリズム練習などを、深夜でも気兼ねなくできるのは良いですね。

 

まとめ

情報はお役に立ったでしょうか?他にも分からないことやご質問があれば、教室見学やレッスンのときにお気軽にご質問ください。

 

ギターグッズの紹介ページ

関連記事
blank
【2022年版】ギターや関連グッズ情報【まとめページ】

ギターをこれから始めるとき、ギターを弾いていくうえで必要な便利グッズなどを紹介します。『どんな ...

続きを見る