052-683-6277

【 受付時間 】11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

アコースティックギター教室 ギター&便利グッズ

【弦レビュー】John Pearse(ジョン・ピアース) 600L

2020年1月24日

ソロギター(フィンガースタイル)向きに製作されたアコースティックギターに合う弦を、ただいま探索中です。

 

John Pearse(ジョン・ピアース) 600L

John Pearseの弦は名古屋の楽器店で見たことがなかったし、僕の中ではマイナーなメーカーというイメージがあったから、名前は知っていたけど今までノーマークだった。

でも今回、フォスファーブロンズのライトゲージ( 12-53 )を張ってみました。このギターの製作家が推奨している弦なので試してみたんです。海外ではけっこう使われてるみたいだ。

JohnPearse 600L

このギターには僕のメイン弦MARTIN Lifespan 2.0 MA540Tばかり張っていたけど、合っていない感じがしていたから実験です。

 

ソロギターに合う弦

最近はソロギターを弾く生徒さんも増えてきて、レッスンでアコースティックギターを指弾きをすることが多くなりました。

指とピックでは弦を弾く力が全然違うから、ソロギター向きのアコースティックギターは快適だ。指弾き向きのギターを弾いてると、ガンガンとストロークするのに向いてるギターとは製作段階で基本的な考え方や設計が違うものだと改めて感じました。

それにしても驚いた。この弦に換えたら高音のメロディーの太さがしっかりと出て、低音も豊かに心地よく響いたから。全体的には落ち着いた印象。

弦でここまで違いが出るとは…楽しい!

 

まとめ

煌びやかで輝かしいストローク音を求めるなら、MARTIN Lifespan 2.0 MA540Tの方が向いているので、ギターによって使い分けようと思います。

ソロギター弾きや、ギラギラ感より落ち着きのある音を求める方にオススメの弦です。

 

 

関連ページ

関連記事
2020年版【弦レビュー】おすすめのアコースティックギター弦

生徒さんから『おすすめのアコースティックギター弦を教えて欲しい』とよく質問されるけど、 答える ...

続きを見る

 

-アコースティックギター教室, ギター&便利グッズ

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2020 All Rights Reserved.