初心者でも安心!個人レッスン

アズール・ギター教室のブログ

 052-683-6277

受付時間 11:00 ~ 21:00 [ 土日も対応 ]

クラシックギター教室 ギター&便利グッズ

【弦レビュー】カンティーガ・プレミアム(510ARP)

投稿日:2019年2月21日 更新日:

サバレス社の「カンティーガ」(Cantiga)というクラシックギター弦を、2010年の発売以来すっと気に入って使ってきました。

そのカンティーガに上位モデルの「カンティーガ・プレミアム」(Cantiga PREMIUM)が発売されたのでさっそく実験です。

カンティーガ・プレミアムとクラシックギター

パッケージに金の箔押しが入ったのでプレミアム感がありますね。(音には関係ないけど…)

最近、プレミアムって付く商品はロールケーキや薬などたくさん見かけるけど、まさか弦までプレミアムが出てくるとは。

ギター弦まで!プレミアムがブーム?

つい、関係ない画像を載せてしまった。ゴメンナサイ!

 

カンティーガの通常版とプレミアム

サバレスの【カンティーガ】と【カンティーガのプレミアム】

左)従来のカンティーガ 【510AR】
高音弦は「アリアンス」
低音弦は「カンティーガ」

右)新製品のカンティーガ プレミアム【510ARP】
高音弦は「アリアンス」なので今までと同じです。
低音弦の「カンティーガ プレミアム」が新製品で、外側のワイヤーに全く新しい素材を使用しています。

残念ながら、弦の個包装は以前と同じで紙袋のままだ。最近は密閉した防錆パッケージが増えてるんだけど。

 

使用感

アリアンス カンティーガ ノーマルテンション【510ARP】

高音弦

カンティーガ弦は低音弦(4弦・5弦・6弦)だけなので、メーカーが他シリーズの高音弦を組み合わせてセットにしています。

僕が使っているセットの高音弦はアリアンス(ALLIANCE)。ナイロン弦ではなく、フロロカーボンという素材を使用したカーボン弦で、立ち上がりの良いクリアな音色が気に入っています。

ナイロン弦と違って水に強いので、汗・湿度などで変化を受けないからチューニングの安定性も良いんです。

ただ、2週間くらい使うと右指の当たる部分に傷が目立ってきます。例えると、透明なガラスすりガラスになった感じでザラザラに。弾くと雑音が出るし、指(爪)が引っかかる感じがするので、気になると交換しています。

低音弦

通常のカンティーガの音は気に入っていたけど、素材が弱いようで1ヶ月が限界だった。
フレットに当たる部分が擦れて摩耗が目に見えて分かるし、劣化に合わせて響かなくなり、1ヶ月で完全にヘロヘロになってしまいます。

でも、このプレミアム弦は2ヶ月ほど使ってみたけど、外見上の傷みはそれほどひどくない。オーガスチンと同じくらいの耐久性がありそうです。
通常のカンティーガよりも張りのある音としっかりとした弾き心地で、より響きます。しかも低音に重みが増したのは嬉しい!
ただ1ヶ月も経つと音に輝きがなくなってきて、かなり響きにくくなってきます。

 

実験したギターはレッスンで週に3日使っています。1週間で3日、1ヶ月で12日弾きました。

 

まとめ

サバレス・カンティーガの低音弦は、音は好きだけど素材が弱くて耐久性が気になっていました。

でも、プレミアム弦になって耐久性が向上したし音に重みが増したから、ドイツ製のクラシックギターには当分この弦を使います。

 

 

-クラシックギター教室, ギター&便利グッズ

Copyright© アズール・ギター教室のブログ , 2019 All Rights Reserved.